325iツーリングインプレッション3


細かい装備品について。
いきなり地味な話題かもしれんけど、まあメインはもう少し経たないと評価しにくいしね。

まずコンフォートアクセスについて。
これはよく国産車である鍵を持っていればドアノブ操作だけでドアを開けられるもの。
まあ珍しいものでもないんだけど、CXの時はノブにある小さなボタンを押していた。
これがE91だとノブを握ると開錠、ノブの付け根あたりを1秒くらい触れると施錠になってる。
こちらのほうが使いやすいし、なんか高級な感じが。(笑)
まあ国産車もこの方式はあるんだけど。

ただ掲示板などでよく言われていたコンフォートアクセスの感度が悪いっていうのが気になってた。
しかし今のところそんな感じはなく、一発で操作できてる。
なんか改善したのかな?まあ問題ないことに越したことはない。

次はトノカバー。
これはトノカバーを閉めた状態でテールゲートを操作すると自動的に跳ね上がるもので、結構便利。
後述するガラスハッチでももちろん動作する。
ただテールゲートの場合は一度ロックを外してから開ける前にもう一度オープンスイッチを押す必要があるので、案外忘れて手で開けた方が早かったりする。

問題はゲートを閉める時は自動的に戻らず、跳ね上がったままなこと。
閉め忘れると悲惨です。運転席に座ってバックミラーを確認したら見えないんだもんな…。
そしたらまた外に出て、閉め直す必要があります。(泣

あと、後席を倒したあとシートバックにトノカバーをはめられる所が用意されていて、この場合もパーティションネットが利用可能なのはよくできていると感じた。

先ほど出てきたガラスハッチ。
昔乗っていたセフィーロワゴンにも付いていて、かなり便利だった。
ミニバンなんかもそうだけど、ラゲッジに荷物を積もうと思ったら後ろにある程度スペースが必要。
だけどガラスハッチならギリギリで停めてても大丈夫だし、ゲートは閉まったままだから転がりそうなものでも落ちてしまう心配がない。
一度使うと手放せないくらい便利だと思う。なんで他は追従しないんだろう?
軽いから女性でもらくだし。

あとは小物入れなどは少ないね。
グローブボックスも車検証とマニュアル一式だと入らない。
今はラゲッジ隅のネットがあるところに入れてる。
センターコンソールも浅いトレイ程度しかなく、ほんとにペンとかガム類とかしか入らない。
運転席のドア側にも小さいのがあるけど、ちょっと使いにくいかな。
ドアポケットは浅めだけど、まあ一般的かも。
前席裏にもネットがあるけど、これは後席用だね。
あとは使わない灰皿くらい。やはり国産車と比べると少ない。まあ一つ一つの作りは丁寧で、内張りがあったり、フタにはダンパーが効いていたりと高級感はある。

総じて細かいところまで手抜きはなく、クオリティは高いと思う。
まあ価格相応ともいうかも。所有する満足度は高いね。

他にも細々と気付いた点があるけど、また気が向いたら…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック