BMWの燃料タンク

昨日は嫁さん子供を嫁さんの実家へ送って行った。
嫁さんの定期検診のためで、1週間一人暮らしとなります。
もっきーがいないと家がずいぶん静かだな・・・。

で、その道中だけど、首都高経由で川崎高津のベビーザらス経由で嫁さんの実家へ行く予定だったのだけど、先日の上田帰省からガソリンを入れてなかったので出発から不安があった。
この時点で予想残走行距離がオンボードコンピュータで80kmほど。今回のルートが片道40kmくらいで片道ならなんとか持つかなと思いそのまま首都高へIN。

しかし首都高が何か所も渋滞していてノロノロ運転で燃費が悪化。
しばらくして燃料警告が点灯。残り70km少々と表示される。
オンボードの表示は直近の燃費をもとに算出されるはずだから高速走行等の影響があったはずで、実際にはもっと短いと思われた。
しかし経験上もつと思ったのでそのまま山手トンネルへ。
すると大橋ジャンクションで渋滞発生。合流先の3号線も混んでいるらしくなかなか進まない。
ストップ&ゴーの繰り返しで長い坂をぐるぐる回っているとここで残距離50kmの警告!
まあここで50kmならもつだろ・・・と思っていたら直後に38km!?
その後もみるみる減っていきジャンクション出口付近でついに10km台に・・・これはヤバいと思ったが、その直後燃料計の針が復活!?それまで半目盛りくらいしかなかったのに2目盛りちょいまで回復!
まあ上り坂から平らになったとはいえそこまで変わるのか?
なんか予備タンク的なものから補充されたような不思議な感じで、その後は残距離も50kmを超え、無事到着しました。
まさか最初の警告は若干早めに出ているのか?
実際給油は58リッターでタンクがカタログ値で60リッターだから危ないとはいえ計算はあっているのだが・・・。

うーん、どうなんでしょ?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック