【新車情報】フォルクスワーゲン パサートTDI

ようやくフォルクスワーゲンのディーゼル車が日本上陸しました!
あのディーゼル不正問題があったためにディーゼルの日本導入が長らく見送られてきましたが、新型エンジンとなって導入ですね。

画像


https://response.jp/article/2018/02/14/306033.html

まあ、あの件は自業自得なので何とも言えませんが、VWグループ全体に影響があったのでアウディなんかでも導入が見送られていました。
このためなかなか検討に上がらなかったんですよね・・・。
そうでなくてもアウディはここの所高いのに・・・。

まずはパサートからですね。
スペックは2リッターディーゼルターボで140kW、400Nmと競合他社と横並びのスペックを実現。
ただし組み合わせられるミッションは6速のDSG。もう少し多段のものの方がいい気もする。

価格はTSIモデルの35万円増。
BMWなんかはディーゼル化のコストが23万くらいだからちょっと高いなー、と思ったけど、TSIは1.4リッターターボなのね。それであればお買い得かも。
ただし燃費はTSIが20.4km/lに対してTDIは20.6km/lとほとんど同じ!
ディーゼルは他社並みなので1.4TSIエンジンが優秀ということでしょうか?
まあハイオクと軽油の価格差はあるけれども、ランニングコスト的にはあまり変わらないかも。
大きいのは110kW→140kW、250Nm→400Nmのスペック差でしょうか。
車重は100kg増なので、まあパワー感はTDIが上ですかね。

画像


装備差も基本的にないようです。
まあヴァリアントでディーゼルのハイラインにすると500万超えてきますので、なかなか高いです・・・。

あとはこの後の展開でしょうか。
VWジャパンがどこまでディーゼルを展開してくるか?
一気に電動化へ舵を切るのか・・・?

個人的にはアウディA4 AvantのTDIとか期待ですが。
でも高いんだろーなー・・・。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック