GLBを競合車種と比較してみる

次期愛車検討にあたって、有力候補であるGLBと似たような車種を独自視点で比較してみようと思います。
あくまで個人的な感想なので人によっては違うかもです。

比較対象は以下にしてみました。

・プジョー5008
・ランドローバーディスカバリースポーツ
・CX-8

 
メルセデス・ベンツ
GLB 200d
プジョー
5008 GT BlueHDi
ランドローバー
ディスカバリースポーツ S D180
マツダ
CX-8 XD Lパッケージ
全長(mm)4634464046104900
全幅(mm)1834184019051840
全高(mm)1658165017251730
ホイールベース(mm)2829284027402930
駆動方式FFFFAWDFF
トランスミッション8速DCT8速AT9速AT6速AT
最高出力(kW/ps)110/150130/177132/180140/190
最大トルク(Nm)320400430450
燃費(km/l)不明21.2(JC08)12.0(WLTC)15.8(WLTC)
乗車定員7776 or 7
価格(万円)不明(500くらい)481.8576443.41

CX-8はセグメントが違いますね・・・。全長がかなり長いのでちょっと違う気も。
ただ国産3列SUVだとこれを入れないわけにはいきません。
しかしCX-8は内容の割に安いです。しかしちょっと大きい・・・。

5008はガチンコライバルになっています。
そして意外なのが価格。GLBの500万円はあくまで予想ですがCLA 200dが480万くらいなので大きく間違っていないかと。
そうなると5008はGLBとほぼ変わらない価格になります。
ボディサイズも図ったかのように同じくらい。
ただしプジョーはACCが渋滞追従に対応しないのとステアリングアシストがないこと、オートブレーキホールドに対応しないことが厳しいです・・・。
フランス車は総じてこの運転支援系が弱い!車は魅力あるんですが縁がないのはそういうところかも。

ディスカバリースポーツは最も全長が短いですが最も幅広です。
実はこれ、コロナ前に試乗してきています。
その際やはり全幅の大きさは気になりました。
そしてランドローバーは何でもオプションなのが厳しい!オプションで200万円とかザラです。
かんたんに見積もっても700超えでした・・・。
車は非常に良かったです。ただ運転している感覚が若干希薄だった気がします。
かなり重量があるのでそのせいもあると思いますが。

こう見てもGLBの商品力は非常に高いです。
まあCLAの装備に準拠するでしょうから、オプションつけたら高くなりそうではあるのですが。
ただCLA準拠なら装備は非常に充実します。(オプション含む)

・ステアリングアシスト付きACC(渋滞追従可能)
・レーンチェンジアシスト
・運転席/助手席パワーシート、シートヒーター完備
・多機能な液晶メーター
・MBUX
・64色アンビエントライト
・フットトランクオープナー
・マルチビームLEDヘッドライト(アダプティブハイビームアシストプラス)
・多機能なヘッドアップディスプレイ

特に運転支援系はこれでもかというくらい充実しています。
メルセデスはどのモデルでもここに妥協がないのがいいですね。

先日CLAを借りたのですが、その際に色々いじってみましたが液晶メーターやMBUXはいろいろできて楽しいです。
そう考えると現時点で他社が対抗できない気が。
まずはどんな仕様で日本導入になるか、楽しみですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント