Bクラスインプレッション3

今日は少し遠出して高速道路などを試してみました。

1A2EF9B7-0B4C-453E-A2D8-2AE5F9DEAB68.jpeg

ただ今日は大雨!
高速でも前の車が水しぶきで見えにくいような状況。
それでもかなり安定して走れたことは凄いと思います。

肝心の高速走行ですが、ここはやはりさすがメルセデス!と言ったところ。
直進安定性が高く、高速走行時の方が安定していて不安感がないです。
気になっているリアサスの動きも、道路の継ぎ目を通る際でも軽くいなす感じでかなり好印象でした。

ただどうも路面状況が荒いのが続く区間になると途端に乗り心地に反映する感じですね。
段々と吸収しきれなくなるのか、もしかしたら速度よりもいかに悪路が連続するか、の方が乗り心地に影響を与えているのかもしれません。

あとACCなども一通り試してみました。
しかし借りている車に問題があるのか、頻繁にレーダーセンサーの汚れによる強制キャンセルが相次ぎ、十分には活用できなかった気が。
前者の追従やブレーキングのタイミングなどは全く問題なし。問題があるとすれば加速の唐突感ですが、これはDCTに由来するものと思われます。
自動レーンチェンジなども問題なく使えますし、雨の中でも前車を見失うことはありませんでした。

あとは一番試したかった渋滞下での手放し許容範囲。
これは残念ながら10km/h以下でのみ許可されているようです。(S205は30km/h以下だった)
減速などが入って一度でも10km/h以下になればリセットされるようですが、高速の渋滞などではなかなか10km/h以下になることが少ないのでステアリングは持っていろということでしょうね・・・。
ただメルセデスはステアリング保持判定がトルク型のため、直進しているだけでもわずかに動かしてやらないとすぐに警告が出るのはかなり鬱陶しいです・・・。接触型に変えて欲しい・・・。

今日1日でわかったのはクルージング性能は非常に高いということ。
乗り心地も最初の印象は悪かったですが、限定条件下でのものであることがわかってきました。
全体としては完成度が高いですね。

ただし何点か直して欲しいところもありました。

一つはロードノイズが大きめなこと。
路面状況やタイヤによる部分も多いと思いますが、高速走行時のロードノイズが大きく、会話も厳しいことがあります。
今回は雨もあったので余計かもしれませんが、低速時にはあまり感じないのでなんとかならないかな、と。

二つ目はやはりリアサスの許容量が少ないこと。
単独のショックに対しては素晴らしい動きで吸収するのですが、連続したショックが入力されるとどうも底つき感というか、もろに衝撃が来るような乗り心地になります。これが最初に感じた乗り心地の悪さかと。
GLBはマルチリンクになりますし、タイヤも大きくなるのでこの辺りは改善されていることを期待です。

三つ目はシートの固さです。
今回借りている車はAMGラインのレザーエクスクルーシブ仕様。
運転席に座った感じですが、お尻のあたりが硬く感じ、運転中に少々姿勢を変えていました。
長距離だと痛くなりそう・・・。
腰を痛めるとかはないんだと思うのですが、単純にもう少し沈み込むような柔らかさが欲しいですね。
これはGLBのノーマル版のレザーシートがどうなのか?ですね。

今回借りてみて感じたネガはこのくらいですが、そのほかの要素は非常に優れているので、トータルでは非常に高いレベルのコンパクトカーと感じました。
先進装備は一通り付いているし、車としての基本性能も非常に高い。
今回は180なので1.33ℓのガソリンターボですが、燃費も平均で17km/ℓと優秀です。
パワーも十分で、ちょっとDCTとのマッチングでギクシャク感はありますが許容範囲かと。

あと数日間、GLB納車まで乗らせてもらいますが、またGLBとの差も書きたいと思います。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント